お問合せ
世界の葬儀事情!「韓国」

最終更新日2014/12/21

 韓国の葬儀事情


異国に永住している日本人は世界中にいるでしょうが、

そんな中、葬儀の違いに戸惑う人は多くないはずです。

日本でも、地方に行けば、違う風習があるのと同じだと思います。


隣の韓国では「3日葬(サミルチャン)」といって、

だいたい3日間かけて行われます。

葬儀場は総合病院に隣接していたり、病院の地下に葬儀場が多い。

病院と葬儀場がワンセットになっているみたいです。

テレビなんかでも見たことがありますが

故人の死を悼んで盛大に泣くほうが良いとされています。

泣き屋さんの仕事もあるくらいです。

日本と韓国の違いは、「韓国ではお骨を拾わない」

葬儀屋さんが拾い骨壷だけ受取る。

お金の扱いは身内でする、他人には絶対に触らせない。

泥棒さんはどの国にもいるように

香典の管理は身内だけで行いましょう。


世界各地の葬儀方法(韓国版)