お問合せ
今、海洋散骨が選ばれる訳!

最終更新日2015/10/22
ZOOM
◆現在、葬儀事情が進化して色々なお葬式がありますが、今回3パターン紹介します。


1、お葬式を、故人の誕生~今に至まで物語風に紹介する派手葬


2、家族葬など、社会との接触を避ける密葬。 


3、火葬からお葬式を行わない直葬


など、調べれば様々です。


そして、☆遺骨の行先へと考えは進みます。


1、葬式に負けず劣らず立派な墓石に納骨される。遺言で自然葬希望の方もいる。



2、この葬式のケースは、永代供養・自然葬などを選択する方が多いようです。



3、諸事情により、遺骨を引取れない方が大半で、宗派の形式にとらわれず、送骨し永代供養・自然葬など


 


★以上の選択の中で、すべてにあてはまるのが、


 自然葬と永代供養。 


そして、遺骨が供養され、追加のコストがかからないのが海洋散骨のみです。


永代供養・樹木葬は、年管理費など請求される場合もあると聞きます。(公園墓地管理清掃費など)


海洋散骨は、すべての事が省かれ(お墓参りや墓掃除など)、コストもかかりません。


☆皆様は、故人様をどのような供養を選択されるでしょうか? 


いずれにしろ、年々海洋散骨を選ばれる方が増加しているのは確かです。