久々のスタッフ釣行!本牧沖にてアジ釣り

最終更新日2017/09/21
ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM
ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM
ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM
ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM

朝夕は涼しく、雲も高くなって秋の気配がだんだんと濃くなってきたこの頃、海水温も真夏に比べると随分と落ち着き、水の透明度もだいぶ高まってきました。

東京湾の釣りモノも秋の様相となり、一年の中でも特に期待が持てるシーズンです!



先日、台風明けではありましたが、マリーナスタッフでの久々の釣行!

今回はあまり船釣りをしたことがないスタッフも参加の釣りでしたので、釣りの基本動作を覚える為にもアジ釣りに挑戦!



近場の川崎沖から釣りを開始するも、漁船が網を引いた後の様子で好ましくない反応・・

すぐに見切りをつけ、潮色も良い本牧周辺にて仕切り直し



こちらもまずは魚の反応を探し回り、水深18m~23mのカケアガリにて良さそうな場所をチェック

ビシカゴは40号、エサはアオイソメ、コマセはイワシのミンチを使用したライトタックルにてスタート



コマセを振り始めた早々からアジが掛かり始め、コマセが効いてくると後は終始入れ喰い状態♪

魚探上でも底から2~3mラインにはコマセとともに魚の反応もばっちりの為、仕掛けを落としてはすぐにヒット!船上では魚はずしやらエサ付けやらと大忙し・・



後半は二点掛けや大きなサバも多く、全員ロッドを大きく曲げてはアジ釣りを楽しんでおりました♪

潮止まりの時間を迎えてからも勢いは衰えることなく、途中から使用したサビキのみの仕掛けにも好反応

午前中だけで十分な量のアジ・サバ、カサゴ達と出会うことができました♪



帰りの道中は羽田・風の塔付近にて鳥山になりそうな鳥の群れがあちらこちらで見られましたが、水柱が上がるまでには至らずそのまま帰港

湾奥周辺にてイナダの釣果の声も上がってきましたので、本格的なシーズンはあと二週間前後かと思います。

ルアーで狙われる方はイワシを追っている時期がチャンスですので、一年の中でも数少ない湾奥青物をゲットできるように青物回遊の情報は常にチェックし続けましょう!



アジ・サバは10月以降、脂の乗りも良く、揚げ物やなめろう・干物といった様々な料理で楽しむことができます!アジは骨せんべいにしても美味しいので、ちょっとしたおつまみにはおススメです。



その他、青物やカワハギ・アオリイカ等、これから12月にかけては様々な釣りモノがたくさんありますので、釣りを普段されない方もぜひ挑戦してみて下さいね!

皆さまからの釣果報告を楽しみにしております♪^^