スタッフ釣行 ~カワハギを求めて~

最終更新日2017/11/29
ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM
ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM
ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM
 
色づいた葉も散り始め、日没の時間もあっという間に早くなってきた晩秋のこの頃ではありますが、お刺身でも鍋物でも美味しい秋の味覚を求めて、今回は肝の肥えたカワハギを狙いに行ってきました!

予報では波風穏やかそうな気配ではあったのですが、実際に行ってみると横浜以南では流し釣りにはちょっと嫌な風の具合



遊漁船などでは連日、竹岡沖や剣崎沖が賑わいを見せておりますが、今回は新規開拓も含めて久里浜から~三崎港周辺を中心に狙ってみました


当日最初に向かった久里浜の金田湾は、南北の両端に多少の岩礁が広がっておりますが、当日は船をそのまま流せるような状況ではなかった為、オープンエリアのツブ根に的を絞ったパラシュートアンカー使用の釣り

パラシュートアンカー等を船に積んではいても、それを使って釣りをされる方はなかなかいらっしゃらないかもしれませんが、風や潮流が強い時、ましてや水深が深い時でも使えるこのアイテムはなかなかの優れものです

船をそのまま放置して浮かんでいればローリングしてしまう、横向きになってしまうような状況でも、正しく使用すれば船が潮や風の上手側に立ち、揺れの少ない快適な釣りが楽しめます♪



当日の釣れる水深はいかがなものかと、一流し目は大きく流しながらでの釣り

連日の釣果情報を基に、根の周囲にて水深15mから流し始め、30mまでを探れるような位置に船を位置づけたら釣りスタート

落としてすぐにアタリは出始めますが、船中で釣れるのはベラの嵐!

ベラが釣れるエリアであればカワハギが釣れる可能性も十分にありますので、しばし引きを味わいながら、皆でベラと戯れ・・

次第に25mを越えるあたりから、本命のようなエサの取られ方や反応・・

こうなるとあとは誘いを変えてみたり、底から多少仕掛けを浮かせてみたりと、試行錯誤をしてみれば結果はちゃんと出るものです


20㎝程度のカワハギがまずは出たと思えば、同じエリアにて追加の一枚!

こちらは28㎝の良型カワハギ‼

お腹もはち切れんばかりに膨らみ、これが帰った後の楽しみとなるわけですね♪^^


ほとんどがお刺身用を想定しておりましたので、しっかりと血抜きも行います

カワハギであればエラにナイフを差し込み水に浸けておくだけで十分に血は抜けていきますので、美味しく食べたい方はぜひ試してみて下さいね



釣れたエリアは場所とともに、釣れた水深もすかさずチェック

二度目、三度目と同じようなラインに船を流していくとやはり釣れるのは25~30m

ここまでわかれば後は集中的にその場所を狙うだけ!

時折似たようなエリアと水深も試しながら当日の傾向をつかんでいきます



エサのアサリもつけ方のコツというものがありますが、難しく考えなくとも大丈夫です

カワハギは内臓部を狙って食べに来ますので、ポイントは最初はあさりの硬いところに一刺し、最終的に内臓部に針を収めるように針づけをしましょう

当日使用したアサリは業○スーパーの一袋398円で大粒のアサリが袋に大量に入っているものでしたが、これでも十分釣れますので、個人的にはおススメです

ただし、ボイルされたアサリは極端に食い気が落ちますので、袋裏面を確認してボイルされていないものを購入してみてくださいね



その後は久里浜での釣果が伸び悩んできたので、次エリアに移動

北東の風で東京湾側が波立っておりましたので、思い切って三崎港の相模湾側へ

こちらのエリアは岩礁主体のエリアとなる為に根がかりも増えるのですが、その分魚影も濃厚

試しの流しを何度かしてみながら、こちらでもアタってくるのは水深30m前後

このエリアはカワハギが十分に残っているのか、27㎝を最大に20㎝前後の拾い釣り


表現が難しいのですが、激しくひったくる外道のアタリとは別の、わずかに竿先にカツっと来る違和感に集中をしてみれば、釣れてくるのはやっぱりちゃんとカワハギなんですよね♪

リリースサイズは逃がし、その他ウマヅラハギも含めも、しっかりと結果を出すことができました!



持ち帰ったカワハギは疲れを癒す為にマリーナクッキング

お刺身を主体に、中骨とエラを除いた頭部は味噌汁に♪

海から帰った後は塩分が欲しくなるので、そんな時にはカワハギだしの味噌汁が絶品です!

肝はお酒にて臭み消しを行った後、舌触りを良くするた為にきちんと裏ごしを行い、人それぞれの好みに応じて醤油やポン酢との比率を調整

身は薄造りと厚めに切ったものにて食感の違いを感じながら、しっかりと旬を味わうことができました♪



カワハギは今後さらに深場が主体となってくる時期となりますが、今年は場所によってはまだ30m台の水深で十分楽しめると思います

千葉側と神奈川側、どちらとも釣り場によって海底の地形が異なります

砂地や岩礁・海藻エリア、それぞれに合った釣りのスタイルがありますが、自分好みのエリアを探してみるのも、釣りの醍醐味です

まずは一匹狙ってみたいという方も、マリーナスタッフにお問い合わせいただければ、おおよその地形やポイントをご案内できるかとは思います

12月からは他の釣りモノも夏に比べれば多少水深が深くなり、難易度が高まってはきてしまいますが、釣りでいえば12月はまだ十分に遊べる時期ですので、皆さまもぜひ様々な魚種に挑戦してみてください!^^