スタッフ釣行 ~横浜沖アジと中ノ瀬シロギス~

最終更新日2018/04/04
ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM
ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM
ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM
ZOOM



四月を迎え、日中であれば半袖でも過ごせる季節となり、気温もぐんぐんと上がって釣りには良い気候が続いております。

四月はまだ海水温は低いものの、連日東京湾の釣りものも冬に比べれば随分と狙いやすくなってまいりました。

今回はここ数日釣れ続いている横浜周辺のアジと中ノ瀬のシロギス釣りに狙いを絞り、スタッフ釣行に行ってきました!


横浜港周辺のアジでは横浜航路外のエリアからやや沖合にかけての15~18mの様々な箇所にて反応が出ておりますが、夏秋の時期とは違って、終始釣れ続けることが少ないのが少し難しいところ・・

潮が動いていないとなかなか口を使ってくれないながらも、外道にイシモチも多く混じり、何かしらアタリが出て楽しい釣り♪

当日はコマセにイワシミンチ、付けエサにイソメの定番の仕掛けでしたが、水深も浅くライトなタックルで楽しめるのが良いところ

時折、二点掛けもありお手軽に釣れるターゲットですので、お子様でも十分に楽しめます♪


潮の流れが効かなくなってきてからは移動して中ノ瀬でのシロギス釣り

当日は中ノ瀬北側の横浜側にかけてのカケアガリ際の平地狙い

パラシュートアンカーを使用しての流し釣りにて、調査もかねて16m~25mと幅広く探り釣り

カレイも含め、どの水深でもアタリは出るのですが、やはり群れが固まっているようで一匹釣れる場所では連続して釣れるといった具合

今回は水深20mの±2mの範囲にて好反応!春先でしたので、あまり釣れないと思っていたのですが、食い渋りといった様子もなく、初夏のシロギスを思わせるような釣れ具合となりました!


帰港後は釣った魚たちを調理

アジはなめろう、イシモチは塩焼きとオリーブオイルでの姿揚げ、シロギスとカレイは揚げ物にて春の味覚を堪能♪どの魚も程よく脂が乗っていて、旨味も十分でした!


今後、四月後半からGWにかけては海水温もぐんぐんと上がり、各所で様々な魚が手軽に釣れてくるようになります

また、潮干狩りのシーズンも目前に迫ってきましたので、皆さま愛艇の準備を整えて、ぜひとも挑戦してみてください♪