スタッフ釣行 ~羽田にてテンヤマゴチに挑戦!~

最終更新日2018/06/16
ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM
ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM
ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM
ZOOM


 
梅雨に入り、雨や台風による気温の寒暖差が続いているこの頃ですが、東京湾の魚たちも水温上昇に伴い、各地で様々な魚種が釣れ始まっております。


今年の現時点での様子はお手軽なターゲットのアジやシロギスに関しては、アジは神奈川・千葉側方面とも各エリアに散り始め、場所次第では1日で100匹超えの釣果が出ている程、例年通りの様相で釣れております。

一方、シロギスは昨年と同様で、いつものシーズンよりも1か月程度遅れている様子で、未だに10mを切る浅場での良い釣果が出ておりません・・とはいえ、木更津港近辺、中ノ瀬の水深10~15m前後では徐々に数、型ともに上向いてきてはおりますので、ぜひ挑戦してみてください。



マリーナスタッフでの釣行はというと、徐々に浅場に上ずってきているタチウオ狙いの予定でしたが、前日までの台風の影響を考慮し、近場の羽田周りのマゴチ狙いに変更

マゴチも梅雨時から夏にかけては浅場に入り込み、湾奥エリアにも多数生息しているターゲットです

遊漁船などでは富津・海堡・大貫エリア、八景島・小柴沖、横浜エリア等が主戦場のイメージがついておりますが、羽田エリアもマゴチ釣りではその中に並ぶ、有力ポイントの一つです

羽田空港周りも釣り場として大きく分ければ3エリア、空港北東エリアとD滑走路沖、多摩川河口とに分けられます。それぞれに特徴が違ってきますので、その時の気象海象、時期に応じた水深等を踏まえて、ポイントを選んでいける事も羽田エリアの魅力です



当日は前日までに雨が降っていたこともあり、多摩川河口側は淡水が強いのではないかと思い、北東側(東京西航路側)の水深10m前後にてスタート

空港周辺は砂が入れられておりますが、全体的に砂泥といった感じ

空港北側は10mを切る浅瀬が多くなっておりますが、D滑走路寄りの南側は10~20m程度に変化のあるカケアガリが各所に存在しております

マゴチはこうしたカケアガリや平地の中でも窪地に溜まることの多い魚ですので、魚探の等深線やちょっとした地形の変化を見つけていくと出会える確率も高まるかと思います

当日は生き餌ではなく、バイブレーション等による横引きと、テンヤ&ルアーを使ったテンヤマゴチにて挑戦!

テンヤの重さは船を流しながら、底が取れる重さということで当日は5号~8号をメインにセット。テンヤに取り付けるワームやカラーはお好みです。

釣り方はいたってシンプルにテンヤが底に着いてからは、底付近をリフト&フォールで誘います

アタリは割と明確にゴンゴンと出ますが、エサ釣りとは違い、長い時間待つ必要はありません。硬いアゴにしっかりと針をかけるようにあわせます


水深10から8mに落ちた窪地のタイミングでスタッフにアタリが出るも、竿に重みが乗るも惜しくも途中でバラし・・マゴチは掛かりが甘いと途中でバレてしまうことが多い魚です

魚探上では中層に小魚の群れが常に出ている程に好条件♪ワームを横に引いていたスタッフにはシーバスがヒット!羽田周りはシーバスの魚影も濃いので、マゴチ狙いで少し宙に浮かせるとシーバスのヒットも多くなります

その後、シーバスの気配が出てきたところで横引きに変えると、シーバスがヒットしますが、やはりメインはマゴチなので、黙々とテンヤの誘いに切り替えます



太陽が出てきてからはより水温が高そうな浅場の多摩川側に移動

ここは水深が浅い為に、喫水の深い船舶にはおススメできませんが、多摩川の水も流れ込み、こちらも有力ポイントです。魚探上でも小魚の反応は多く、こちらでもカケアガリをメインに船を流していきます

しばらく流し続け、水深6m程度の浅瀬でスタッフにヒット!

マゴチ特有の首をゴンゴンと振る引きで竿もきれいに曲がります。テンヤでしっかりと底を取っておりましたので、上がってきたのは本命のマゴチ!

なかなか数釣りができる魚ではありませんが、ようやく本命が出てひと安心♪

その後はしばらく粘ってみましたが本命続かずに大きく移動

横浜方面を移動しながら何ヵ所かチェックし、本牧エリアでは大きなサバのヒットやマゴチらしきバラしに終わってしまいました




帰港後はマゴチを捌き、調理しましたが、エラにある鋭いトゲは流血のもとですので、捌く際はハサミ等で先にカットしてしまうのもよろしいかと思います

マゴチはお刺身とみそ汁、シーバスは血抜き等の処理をしっかりとした上でサバと一緒にムニエルにて調理

どれも臭みなく、特にマゴチは白身ながらも、カレイなどのような硬さはなく、弾力のある身に旨味が詰まっており、高級魚たる味わいでした♪




台風翌日とあって、厳しい釣行とはなりましたが、今後7月以降はより浅場で狙えるチャンスが増えてきます!マゴチというと生き餌を用意しなければと思われる方も多いようですが、お手軽にルアーやテンヤ+ワームやエビの仕掛けでも十分釣ることが可能です!

羽田エリアというマリーナからも近い釣り場で狙うこともできますので、遠出までは・・という時こそぜひ挑戦してみてください!


また、タチウオも今後は海堡周りや猿島周辺の浅場にて狙える時期となって参りました!こちらもジギングやエサ釣り等で抜群の食味と引き味を堪能してみてください!


皆さまの良い釣果報告をお待ちしております!!^^