スタッフ釣行 ~常夜灯巡り 湾奥ナイトシーバス~

最終更新日2018/11/18
ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM
ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM
ZOOM


 
湾奥の青物シーズンも10月よりは落ち着きを見せ始め、ルアーでのデイゲームはシーバスをメインに狙いながらもチャンスがあればサワラを狙うといった状況になっている11月中旬ではありますが、晩秋の港湾エリアは空気が澄んでおり、夜景を眺めながらのナイトシーバスもまた楽しいものです

マリーナ近郊の河川橋脚の明暗部が絡むエリアは居着いているシーバスも多いようで、橋脚に張り付くように潜むシーバスに対してルアーを流し込んでいければ比較的簡単に結果を出すことができます

しかし、潮止まりのタイミングでは釣果もピタリと止まってしまうことも多い為、そういった場合は大きいサイズはあまり期待できないものの、港湾各所にある常夜灯周りがオススメです


当日も出港時にはちょうど潮も止まってしまい、河川でもピンポイントにルアーを入れることができれば釣果には繋がるものの、思っていた展開とはならなかった為、早々に見切りをつけて移動



常夜灯エリアも各所に存在してはおりますが、毎晩灯っているとは限らない場合や工事等による立ち入り禁止エリア、また明かりが眩しすぎることによって障害物や堤防との距離感がわかりづらい場所もありますので、慣れていない方は事前把握をしておくと良いかと思います



ポイントに着いてからは到着早々、既に水面で小魚が追われているのを確認してからは釣り堀状態

セイゴ・フッコサイズばかりとはなりましたが、群れで小魚を水面に追い上げている状況でしたので、表層直下を意識したルアーに好反応!

何を投げても釣れるといった様子ではありましたが、橋脚などのストラクチャーを大きく外して投げてしまうと薄めの反応

シーバスが壁際に追い詰めた小魚に同調させるように意識を持ち、キャスティング練習も兼ねた1時間の中で小気味良い引きで我々を楽しませてくれました

最後の最後まで大型といえる個体には出会えませんでしたが、東京港各所の夜景の中でロッドを振る清々しさに癒された時間♪景色を眺める時間だけでも十分といえる内容となりました




一方、いまだに浦安沖を始めとした千葉・神奈川の両沿岸部にてサワラが釣れ続けております

10月の最盛期に比べれば難易度は少し高めといった気配ではありますが、11月中旬現在は横浜沖や木更津沖でも釣れているようですので、皆さまも最新の釣果情報をもとに、湾奥の秋の魅力のサワラにぜひ挑戦してみてください‼