スタッフ釣行 ~お手軽マダコ釣りに挑戦!~

最終更新日2018/12/12
ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM
ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM
ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM
ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM
 
12月に入ってもまだ暖かい日が続いているなと思っていたら、中旬に入り急に寒くなってしまったこの頃ですが、この時期の年末からお正月に向けて価格が高騰してくるのがタコですね

スーパー等で売られているタコの多くは輸入品が多くを占めているかと思いますが、東京湾の割と湾奥まで生息しており、タコ釣りをしてみたら思いのほか釣れたという経験がある方もいらっしゃるかと思います

時期でいえば、特に初夏の夏ダコと晩秋から冬にかけての冬ダコのシーズンは遊漁船等でも賑わいを見せる季節です



近年ではタコの釣り方もタコテンヤを使ったテンヤ釣り、エギといわれるエビを模した疑似餌やタコ用ルアーも各メーカーから様々に販売されるようになってきました

テンヤでもエサにカニや魚の生モノを使う場合もあれば、プラスチックのカニやまったく釣れそうにないモノまでつけても釣れるのはタコの習性や好奇心を刺激しているからなのですが、比較的道具も難しいことなく、テンヤにエサ・糸とシンプルな構成で釣ることができます

エサを使う場合は釣具屋にて購入すると多少高いので、スーパーで売っているダシ用の渡りガニやサバの半身、アジを丸々つける等の方が安上がりなのでおススメです

どちらにしてもテンヤに固定する際は糸や輪ゴムにてテンヤからズレないように固定していきます

この時、針先を覆うようにエサを掛けてしまうと針掛かりが悪くなりますので、テンヤの針近くの空間は広く取ることもポイントの一つです

もし、エサのサイズが大きいようであれば、足等の部分を切り落としてしまっても問題ありません




当日は川崎沖にて満潮から下げ始めの時間帯にて釣行スタート

堤防から20m程度離れた場所まで存在する敷石地帯と元々の砂泥帯にかけての水深10m程度から調査を開始


スタッフの中でもテンヤとエギタコ半々にて、敷石と砂泥の境界付近と思われるエリアを流し釣り、敷石のゴロゴロとした岩の手ごたえを感じながら仕掛けを小突いていきます

仕掛けを海底に置き続けてしまうと根掛かりとなってしましまいますので、根気よくリズミカルに小突き続けていると開始1時間ほどでスタッフにヒット

タコの場合は引きがありませんので、重いだけといった具合となりますが、水面に揚がってきた本命の姿にひと安心♪水面バラしも多いだけに、しっかりとネットにてランディング!計測1.2kgの食べ頃のマダコでした

釣れた後もタコは脱走しやすいので、洗濯ネット等に入れて保管が必須です



その後も船を流しながら、やはり同じような地形ではヒットが続き、最大サイズでは冬ダコらしい3kgの良型‼

一人1杯とはいきませんでしたが、終わってみれば1.2kg×2杯、3kg×1杯の計3杯の上々の出来‼

冬ダコらしい良型に恵まれ、マリーナから近場での冬の釣りモノを味わうことができました



タコに恵まれなかったスタッフもいましたので、そのままポイント近くにてアジのお土産フィッシング

こちらも同じく川崎エリアにて開始しましたが、小型の群れに当ててしまい、釣れるもの全て同じようなサイズとなってしまいました・・お手軽にサビキで確保した後、早々に帰路へ



最後にまだ浦安沖に回遊しているサワラを探してみようと、浦安経由での帰路となりましたが、到着早々の鳥山に加え、サワラの跳ねは無いもののルアーの高速引きにて、一本目から本命のサワラ確保となりました



マリーナに戻ってきてからは調理の準備!タコ1杯とサワラ1匹を使用して、釣行の疲れを癒す料理作り

タコのヌメリ取りは入念に、サワラもムニエル用に皮つきでのサクに切り分け、タコ刺し用にお湯沸かし

タコは沸騰したお湯に長いことつけてしまうと皮がぼろぼろに剥がれてしまいますので、大きさによって茹で時間は変わりますが、1分程度を基準に茹で加減を調節されるとよろしいかと思います

茹で上がり後は氷水にて締め、足や胴体を切り分ければ完成です


その他にもタコ飯や唐揚げ、マリネ等食べ方も様々に楽しめるのがタコの良い所、魚嫌いの人はいてもタコ嫌いの人というのはあまり聞きませんので、万人受けするといった点も良いですね

タコの刺身は噛むほどに旨味に溢れ、魚は食べていても途中で飽きることが多いのに対して、さっぱりとしたタコは止まらないといった具合にいくらでも食べれそうな感じ♪

また近々タコ釣りに行きたいと思うほどに良い釣行となりました!





なお、タコ釣りについては時期・場所によっては漁業権・漁業規則の対象となります

大まかにお伝えすると、神奈川県側の場合は八景島・横須賀以南、千葉県側の場合は三番瀬や盤洲エリア、木更津以南のエリアの大部分が漁業権対象のエリアとなります

こうしたエリアでのタコ釣りは場合によっては罰則等の対象となりますので、釣行場所のルールが不明な場合は各県の水産課に確認されることをおすすめします



食味の良いマダコ釣り、道具もお手軽に用意ができる釣りモノですので、ぜひ挑戦してみてください!^^