今年の安全祈願祭

最終更新日2019/01/27
ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM
ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM
ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM
ZOOM ZOOM ZOOM

去る120日、毎年恒例の安全祈願祭が執り行われました。安全祈願とともに、餅つき大会も執り行われ、鏡割りした樽酒とつきたてのお餅がふるまわれました。


このところ寒い日が続いていましたが、この日は穏やかでよく晴れた小春日でした。富賀岡八幡宮の宮司様を招き、ご祈祷いただきました。海に向かって粛々と祝詞をささげ、深々と頭を下げる姿に、こちらの身も引き締まる思いでした。


海での安全は一人では守れません。たとえ安全祈願祭に参列できなくても、どこかでどなたかが、いつだって安全のため、命を守るために尽力しているのだということを思い、なんだか胸が熱くなりました。

マリーナは、たくさんの人がそれぞれ別の目的や意思を持って集まるところです。そのなかで、シーマンシップに則り、また行動するということは己に厳しく他者にやさしくなければできないことばかりです。


マリーナのイベントには、祈りや願い、希望が込められています。新しい年を迎え、改まった気持ちで安全とは何か、またそのために何ができるのか、今年も提案し、発信してまいります。ともに意識を高め、航行安全に取り組んでいきましょう!