続 いわもっさんと荷台のあの子〜ムツゴロウ支配人の巻〜

最終更新日2013/09/07
ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM
ZOOM


前回より、ぴーちゃんのお話。

浦安マリーナの支配人は無類の動物好き。
猫をみれば追いかけ、
犬をみればかわいい、かわいいと言い、
亀には、いっぱいたべろよーと話しかけ、
カブトムシには、おまえもそう思うだろ〜と同意を求める。

そんな、優しい心の持ち主の支配人がぴーちゃんを放っておくわけもなく。。。

ぴーちゃん、ぴーちゃん、キャベツ食べる??たべないのー??
と嬉しそうに話しております。微笑ましい、秋の昼下がり。

そんなぴーちゃん、
野生育ちなわけで、人間からの餌は受け付けない様子。
心配になってきたマリーナスタッフは、
傷ついた野鳥を野生に返す活動をされている、
行徳野鳥観察舎さんにお願いすることにしました。

ぴーちゃんは姫井さんのゴールドハンドでお引っ越し。
相変わらずぴーぴー鳴いておりましたが、
ぴーちゃんの為です。ここはぐっとこらえて、さようならぴーちゃん。

行徳野鳥観察舎さんによると、ぴーちゃんは渡り鳥で
アカエリヒレアシシギというシギなんだそう。
見た目のままの名前らしく、赤い襟とヒレのついた足からきてるそう。
(ぴーちゃんは幼鳥なので赤襟はないそうです)

渡り途中、ぶつかったりのなんらかの理由で羽を骨折。
(人間でゆうところの、指あたりらしいです。)
飛べなくなったところ、マリーナに行きついた模様。

ぴーちゃんは骨折を治して野生に帰る予定です。
ぴーちゃん楽しい時間をありがとう。

追伸。
窓際にいた亀は水槽を洗ってる最中、脱走し帰らぬ亀となりました。
しばらくは植物を育てることを楽しみたいと思います。

マリン女子 ミヤノでした。