チーム紹介 Quatre HIRO (Beneteau first40.7)

最終更新日2013/02/04
ZOOM
はじめまして、加藤高裕と申します。

神奈川県藤沢市の出身で、現在は、東京都港区に居住しております。
TYCに平成21年より入会しております。
ZOOM
現在は、夢の島マリーナに係留しておらず、平成24年10月から浦安マリーナで上架しております。

当時は、M-5バースにいました。

ヨット歴は特にありません。
ZOOM
大学時代に、4級船舶免許(現新2級)を取得し、浦安マリーナに係留契約している艇に乗る機会があり、94年のTYCのレースに参加したことを覚えております。

平成21年9月にBeneteau Oceanis361を購入し、本格的にヨットを覚えようと決意し、同時にTYCに入会いたしました。
ZOOM
レースに参加しても、腕がないこともあり、ゴールもままならない時期ばかりでした。なんとか速く走るための技術を得たいと思い、レース艇に乗り換えることを計画しました。同じバースに泊めてある常勝チームのBeneteau first40.7に強く魅かれ、同型艇を平成23年12月に購入いたしました。

Beneteau first40.7は御存じのとおり、クルージング/レース艇ですが、本格的なレース性能をもち世界的に数々の戦歴のあるヨットです。
ZOOM
ディンギーの経験のない僕が更にキールボードの大型艇に挑戦したことは無謀そのものでしたが、妻やクルーに支えられて、平成24年の第2回東京湾インショア・レガッタのレースでクラス優勝、総合優勝することができました。
ZOOM
Quatre HIROチームのモットーは、海のスポーツには危険な面もありますので、安全を一番の課題とし、海やヨットの知識を十分に得ながら、ヨット操船技術を向上させ、それぞれが海と良い関わりができるようになることを目標としております。
ZOOM
今後の課題としては、気遣いのできるシーマンシップをひとりひとりが実践していくなかで、レースにいい結果を残すことです。どうか今後とも、僕同様、妻、クルーや艇もよろしくお願い申し上げます。

記:Quatre HIRO オーナー加藤高裕