クルージングでのマナーについて

最終更新日2014/08/10
ZOOM
「クルージングでのマナーについて」

お盆を控え、クルージングを計画されている艇もたくさんおられるかと思います。

また東京ヨットクラブ(TYC)では、8月23日(土)、8月24日(日)に恒例の保田ミーティングが行われます。これは、保田港にヨットおよびパワーボートの皆さんが集まり、夏休みのクルージングを兼ねて保田“ばんや”にて宴会を行い、親睦を図ろうとする企画で20回目を迎えます。

そんな中、保田漁港では、クルージングに来たプレジャーボートの中に、最近マナーの悪い人達がいて大変迷惑をしている、との話を聞きました。

最近の迷惑行為を例に挙げますと、

・ ポンツーンでバーベキューを行って、ポンツーンを焦がしてしまった。
・ 自動販売機のコンセントを抜いて携帯電話等の充電を行っている。
・ 水を使ったあと水道を出しっぱなしにしていく。
・ “ばんや”食堂の“醤油”・“割りばし”等を船に持って行ってしまう。

以上のような行為は犯罪行為であり、その他に、

・ 自分達で出したゴミは必ず持ち帰る。
・ 海を汚さない。
・ トイレは綺麗に使う。

漁港には迷惑をかけないように十分注意していきたいと思います。
これは、保田漁港だけではなく、どこの港に行っても同じです。私達がこれからも楽しいクルージングを続けて行くためにも、さすがTYCとこれからも言われるためにも、各港では上記のようなマナーをしっかり守って漁港の皆さまと仲良く接していくようお願いします。


東京ヨットクラブ 会長 小島正和