東京みなとめぐり&練習

最終更新日2011/11/21
ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM
ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM
ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM
今回はレースに参加できなかったのですが、最近1級小型船舶の勉強を始めた!?栗原がオモシロおかしくレポートします。

チームにとっては、今年最後のレース「横浜ミドルボートミーティング」に参加すべく、金曜日から準備をしていたが、前日の土曜日低気圧・前線通過の悪天候によりマリーナから「下架作業も係留もできない・・」とオーナーへ連絡が入りました。
夕方から40ノット以上吹く予報なので係留していた船も全て上架したと・・

当日朝の下架作業は9時からなので、直ぐにレース海面である横浜沖に移動してもスタートには間に合わないので、オーナーの判断で土曜日の時点でレース参加取り消しを主催者に報告し、日曜日はレース参加を予定していたメンバーで通常練習を行う事にしました。

10時にマリーナに集まると、昨晩の台風のような天気は嘘のように回復し、海上にでるとむしろ無風で、11月とは思えないようなポカポカ陽気・・温度も24度くらい。

風待ちしても、一向に吹いてくる気配がないため、またボーリング大会?という声もありましたが、急遽「東京みなとめぐり」に切換え、佐久良さん提供の高級シャンパンをいただきながら優雅なクルージングを満喫!

レインボーブリッジの下を初めてくぐるメンバーも沢山いて、盛り上がる盛り上がる(笑)
途中、湾内クルーズの客船とすれ違いざまに、この日、ゲストで乗船した某プロの指示!?でCAVOK最高儀式を客船に向けて行いました。

バウの方で怪しい動きをしたのは、僕をはじめ20代イケメントリオ!
客船のゲストは、初めて見る光景に恐らく戸惑いながら・・も、はちぎれんばかりに手を振って応えてくれました。

約1時間半のクルージングも終わり、いつもの海面に戻ってくると、丁度練習にいい東風が入ってきたので、セールアップ!ジャイブ練習をメインに上・下3回行い、先程までのお遊びモードから真剣練習モードに切り替え、日没直前までたっぷり練習しマリーナに帰港。

その後、船内で遅い昼(おでん大会)を食べ、年内最後のレース(参加できなかったが)活動日を安全に過ごせた事に感謝して、寿司屋に移動、宴会モードに突入!充実した一日を終えました。

年内はあと、練習2回と整備に忘年会。CAVOKはオフシーズンも冬眠しません!寒い時期に頑張って練習しましょう>ALL