TYCレース(ジューンレガッタ)今期初優勝!

最終更新日2011/06/21
ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM
ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM
ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM
久々に、最年長者の村上がReportします。

CAVOKは先月はTYCレースのコミッティーボート対応だったので、新CAVOKとしては今回がTYC初戦であり大事なレース。

ポジションは、ヘルムスマン白岩、ピット森下、メントリ中島、トリマー徳本・村上、マスト栗原、フローター建部・船木、バウ関、そしてゲスト乗艇してもらった北帆社N氏の合計10名での参戦。

無風状態の為、小一時間風待ちした後、1M前後の微風でやっとスタート。
スタートは下2番手でジャストスタート。

1stレグは左海面有利と判断し、スターボロングで重いFIRST35を何とか走らせて、上マークは40フィートの大型艇2艇に続いて、3位で廻航。風は弱いが、先行2艇とは射程圏内。
2ndレグのランは、先にスタートしたクルージングクラス及びレースクラスCとのミートによるロスを避け、かつフレッシュエアーを求めラフ気味にコースを取って走らせ下マークで差を縮め3位廻航。

3rdレグの上りも左海面を攻めて、上マークも3位をキープ。
4thレグのランで途中から左よりにコースを取り、今回初顔合わせのコンステ艇を抜き、下マークは2位廻航。
5thレグの最後のクロスは下マーク廻航後、そのままポートロングで右海面を走り、先行艇との差を縮め着順2位、修正後1位となった。

第5戦となる2レース目は微風と残り時間への配慮から、残念ながら中止となった。

先週のTBCに続いて微風での我慢のレースだったが、微風下でクルー全員が最後まで集中力が途切れる事もなく、内容の濃いレースだった。

今年度のTYC初戦で幸先の良いスタートが切れた事でもあり、次戦も優勝を目指して、クルー一丸となって頑張って行きたい。

リザルトはこちら