TBC第2戦 第1レースOCS、第2レース3位

最終更新日2012/04/09
ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM
ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM
ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM
ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM
かなりご無沙汰でございます。 笑
今回のTBC第2戦は、栗原がレポートいたします!

4月に入り世の中花見シーズンなのですが、なぜだ〜!なんでこんなに寒いの。勘弁してちょ。
(そんな中、ハーフパンツで来られたシャレオツな方(笑)もいらっしゃいましたが・・・。)
寒いのに、風は弱い・・というCAVOKには厳しい状況でレースに挑む事になりました。

TBCレースは2戦、今回のポジションは
ヘルムス:白岩
メイン:中島(風邪気味)
ピット:村上(お嬢さまが手元を離れ傷心中)
トリマー兼タクティシャン:小郷(ゲ○疑惑)
フローター:八木(もやい結び練習中))
マスト:建部(二日酔い)
バウ:関(スタート強気で沈没)
サブトリマー&:栗原(小型一級免許)

1レース目
風は南南東3〜5ノット(引き潮)

スタート1分前。
ポジション取りも悪くはない。
バウマンの強気な攻めでギリギリ!?でスタート。
風が吹いていない状況で四苦八苦しながらも集中して、ブローを掴みながら走っていった。
上下廻航では多少のトラブルもあったが、レティシアと近い位置で走り続けていた。
最後の上廻航はトッパーが絡むというアクシデントがあり、ポールが全く使えない状況になってしまった。
しかし、関さん、建部さんのマンポール、そして小郷君のスピントリムのおかげでトラブルしているとは思えないほど走っていた!
まさに小郷君の時代!!笑
ゴール直前にはレティシアにかなり近づいていたので、1レース目は優勝出来る!と確認していて着順2位でラインを切ったが・・・。
ホーン鳴らず・・・。残念ながらリコールでした。
ん〜自分達より下手アウター付近にいた艇が前に出ていたので、リコールは自分達では無いと思っていたのですが・・・。
しかし、ギリギリを責める強気なスタートは、必要な事だと思うので、しょうがないっすね!
リコールしてもCAVOKのクルー雰囲気は変わらないぜ〜。妙なハイテンション!。
さっ第2レースへ!


2レース目
1レース目とは違い、風が南に振れ、風速も少し上がり4〜7ノットほど吹いていた。

スタートは半艇身ほどラインに届かずスタート。風が上がっているからなのか、コース取りがよかったのか、かなりスピードに乗っていて
高さも角度も良い感じで走っていた。そのまま2位で上マーク廻航。しかし、スピンが若干絡む。。。
ジャイブ時も僕のミスでトッパーが上りづらくなってしまったなど。ミスが続く。
下廻航は何のトラブルもなく行きたい思っていたが、今度はスピンハリが下りない。
など廻航時にホント細かいミスが続いてしまい、レティシアに3分ほど離され2位でフィニッシュ。
コース取りや風の読みなどは結構良かったと思うので、細かいミスが重なりこのような結果になってしまったのかなと思いました。
自分も反省しております。ミスをしてしまうのはしょうがない事かもしれませんが、続けてミスをしないように、これからも練習していきましょう!!