TYC第10戦

最終更新日2012/11/05
ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM
ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM
早朝から、富士山の眺望も鮮やかな雲一つない快晴。

北北西からの3〜4mの風で、絶好のヨット日和。
先月に続いて連続優勝を目指して、ほぼフルメンバーに近い下記9名にて気合を入れて出艇。

ヘルム:白岩
メイントリム:中島
ヘッドセールトリム:徳本・小郷
ピット:村上
フローター:八木
マスト:栗原・木村
バウ:関

スタートはやや上有利と判断し、上側から4〜5番目でスピードをつけてほぼジャストのスタート。

上までの第1レグは右海面有利と判断し、同じく上側から良いスタートを切った40フィートの大型艇2艇のスターンをかすめながらポートタックにて右海面を攻めて、大型艇2艇に少し遅れて3番手で上マークを廻航。

下までの第2レグは、先行する大型艇を追いかけ、大きく遅れるもことなく、そのままの順位で下マークも廻航。

次の上までの第3レグは、風速も少し落ちて細かく振れる風を何とか捕まえながら、上手く走らせ、先行艇との差を詰めて同じ順位で上マークを廻航。

先月の横浜ベイサイドマリーナオープンレースのOJTのお陰か、今日の上りの走りは上出来。

次の下までの第4レグでは、大型艇の一艇クワトロ艇は大きく左よりのコースを取って風を掴めず遅れ、プロパーコースを行くもう一艇レティシア艇もスピントラブル。

CAVOKは、この間に差を詰め、修正タイムで充分勝てる位置につけた。

その後、ジャイブして左よりのコースに変更したレティシアにはついて行かず、我々は敢えてプロパーコースを維持。

しかし、ここで大きなハプニング発生。第4レグの半ばで、風が東に大きく振れ、CAVOKは下マークに対してポートタックのクロスに近いアプローチで距離的にも不利となり、レティシアに大きく遅れて2番手で下マーク廻航。

最後の上りの第5レグは、微風で振れまくる風に、真中よりの海面で四苦八苦。
結局、左海面を攻めたクワトロ艇とバルーム艇にも先行され、着順4位・修正ともに4位で今年のTYCシリーズ戦を終了。

今日は、前半大きなミスもなく良い走りし、先月に続いて修正トップを狙える位置だっただけに、後半の微風での大きな風の振れに上手く対応できなかった事は、本当に残念。

来週の夢の島カップがいよいよ今年最後のレース。

気持ちを切り替えて、有終の美の目指して、クルー一丸となってガンバです!

Report by Kirk Murakami