横浜ベイサイドオープンヨットレース

最終更新日2012/10/30
ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM
今年で15回目を迎えるベイサイドオープンレースは、東京湾で100艇を終えるビッグレースとして、夏のスバルザカップと並び秋の風物詩としてすっかり定着したビッグレガッタとなっている。

今回は、直前に台風の影響があり1週間前の艇長会議で開催が心配されていたがタイミング良く台風は早めに通り過ぎ、台風一過絶好のレース日和となった。

レーススタートは、IRCクラスが11時、続いてオープンクラス順であったが風が弱く安定しないため「回答旗」が揚げられしばし風待ち・・

約2時間を経過して南東の風が入ってきたのでマークを北海面に打ち直し、13時15分IRCクラススタート。

コースは変形の三角形でオリンピックコースの設定。スタート時は風が右から入ってきており本部船側に多くの艇が集まる。CAVOKの近くには、TREKEE、や同型艇のCHARCHAN Vが並んだが、いいスタートを切りしばらく併走。

角度スピードとも悪くなくTREKEEのSLPポジションに入ったタイミングで右海面に向かう。
右海面は時折パフが入り、40フィート艇に続き上位で上マークを回航。今回はサイドマークありの三角コースなのでジェネカーを選択。
ターゲットスピードを上回った状態で快走。
ジャイブも上手く決まり下マークを通過。この辺りで後からスタートしたオープンクラスの艇を交わし、風のある所を探しながら相対的には右海面をキープ振れタックを繰り返し、上位で第2上マークをラウンディング。
風下航も右海面良さそうであったのでスタボーを伸ばし、同クラス艇を数艇抜いて最後の下マーク回航。
最終の上りも右海面を基本に振れタックを数回。IRCクラス着順6位でフィニッシュ。
修正で4位となった。今回TYCからはIRCクラス3艇、オープンクラス15艇参加した。中でもオープンAクラスは上位6艇のうち5艇Y-23が入り、イーグル1世が見事準優勝でした。IRCクラスもレティシアドゥが準優勝おめでとうございます。

夢の島、浦安からは今回18艇が参加しました。遠征お疲れさまでした。

Report by Shiraiwa