第23回葉山マリーナカップ

最終更新日2013/10/02
ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM
ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM
久しぶりにへっぽこがお送りします。

注)内容に間違いやクレームがあっても怒らんで下さい。

今回のメンバーは
ヘルムス:白ちゃん
タクティシャン:YAMATO
メイン:北ちゃん
トリマー①:永山さん
ピット:エリカ
フローター:さくら
マスト:達三郎
バウ:芽
トリマー②:へっぽこ

1R目(着順6位/修正2位)
少々暑さがあるが、秋空北寄りの8〜10knot程の風でスタート。
スタート・スピード共に良好、暫く良いポジションを走る。
他艇及びシフトに合わせ、右寄り海面を使い1マークへと向かう。
1マーク付近は振れ幅・強弱が大きく、順位変動も激しい。
CAVOKはどうだ?どうだ!そして回航。
最大のライバル艇が前方にいるが、まだいける距離。
この辺りから後方よりもっと喋ろ、聞こえねーぞ!、おい聞いてんのか?などなど聞こえ始める。
どこの艇の罵声か?いや近いぞ、CAVOK艇内からだ。
スピネーカーから得られる情報を伝え誘導しなければ...しかし後方からの声は中々隙を与えない。

(中略)

なんだかんだでライバル艇との距離を詰めつつ2マークを回航。
攻めと守りを両立したコース取りで、3マークに行くまでに先行艇との距離を詰め最終レグへ。
レース展開も後方(艇内)からの煽りもヒートアップ。痺れるぜい...
最大のライバル艇とはミートするか?ぐらいの距離にまでなるが数秒差で敗退。
非常に悔しい!

2R目(着順12位/修正13位)
1R目のイメージを残しながら、ライン中央付近でスタート。
今回のスタートも特に問題なく、良いポジションを目指し集中したセイリングに努める。
右海面から定期的にブローが入ってきているが、シフト的に右へ返すタイミングが...
1マークを回航し猛追する、したしが小さなトラブルが重なり(あとトリマー②のセンスの欠如があり)挽回が難しい。
トラブルを最小限にする為にも多くの練習を積まなければ。

(中略)

最後の最後まで諦めず、だが...

トータル7位

今回は1レース目が良かっただけに残念!

来週頑張ります

Report;t.ogo
リザルトはこちら