第二回マグダイアミッドセールカップ

最終更新日2013/12/24
ZOOM
ごきげんよう、小郷です。
今年最後のレースとなるマクダイアミッドセイルカップのレポートです。

メンバーはバウから栗原さん、北島さん、中島さん、石井さん、小郷、前田さん、白岩オーナーとなります。

風は北〜北東、第1Rは15〜20knot、第2Rは10〜15knotぐらいです。

第1R
上有利の中、1〜2回のゼネリコの後に真ん中ちょい上目でスタートしました。
暫くスターボで走り続け、何か近いけど上マークらしきマークがあり近くの艇もタックしてマークに向かいます。
CAVOKもタイミングを見てタック、ちょっと苦しいポジションでしたがマークが近い(?)ので我慢して走ります。
しかし近づくにつれそのマークではないことが分かります。切り替えましてが、苦しいポジションで走っていたこともあり中盤グループの中に入ってしまいました。右海面を使いたいとしていましたが、周りの艇に合わせ過ぎて中央付近のコース取りになっていました。
なんとか、上マークまでで多少ライバル艇との差を詰め挽回を図ります。フリーの走りは悪くなく差も詰め、下マークへ最終アプローチをします。その時、スタート時より風が収まっていたのでヘッドセイルを交換する事にしました。しかし直前に決めた為、バタバタしマーク回航に時間を要し、差を広げる結果になってしまいます。
なんとか少しでも順位を上げたい気持ちとは裏腹に中盤グループのまま最終レグへ、そしてフィニッシュです。
第1R:着順13位/修正11

第2R
気持ちを切り替えて第2Rへ挑みます。
リコール艇有りでスタート、気持ちを抑えきれずスタート直前は高いポジションにいた為にスピードが足りません。右海面を使うと決めていたので抜け出してタックは難しいと判断、スピードと間隔を調整してスタート後すぐにタックをします。安易にリーバウタックをしないで他艇の後方を通ってでも右海面へ進みます。
右海面のブローがしっかり入ったところでタック、かなりポートタックを使い切りましたがライバル艇と比較しても問題無いポジションです。
その後もコース取りは改善の余地ありますが、スピード悪く無く、トラブル無くレースが進行していきます。
上マークから大きな順位の変動はなく、おそらく着順6〜7位でフィニッシュします。
第2R:OCS

今年最後レースの反省をオーナー宅でみっちり行いました。内容は秘密とさせて頂きます。


今年は4月より葉山へ参戦し、良い順位、悪い順位がありましたが、どのレース内容も新鮮で来年に向けて大きな糧になりました、
来年は1月より年間通して参戦します。
年間目標順位をクリアする為に色々な力をお借りしながら最後まで戦いたいと思います。
皆様ありがとうございました、そして来年もお手柔らかにお願いします。
Merry Christmas、良いお年を。