ミドルボート選手権

最終更新日2014/05/10
ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM
ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM
家族に白い目で見られながらゴールデンウィークの3連休を毎年海で過ごす、
そして例年吹き荒れる恒例のミドルボートが開催された。
北の微風もありつつも、メインは南の30ノットの強風でのエキサイティングなレースとなった。
そして結果はそこそこ、もったいない取りこぼしもあり、それを改善すればクラス優勝は夢ではない状況だった。
ただ、終盤に接触があり根本的な修理に時間がかかることとなった。

ヘルム:白岩
メイン:中島
トリマー:石井 小郷
ピット:村上
バウ:栗原
フローター:北島
タクティシャン:加原
初日のみ:徳本


1日目
第1レース
朝、マリーナに向かっている時は風が吹いていないなー、と思っていたところ、レース時間に近づいたら南で10ノット程度の風速となった。
2レグ目で風が吹き上がり、30ノットぐらいとなったためMedium Heavyにチェンジ、4レグ目はスピンをあげない艇もあり、サモアもデスマストしていた。
クラス着順3位、修正3位。

第2レース
一旦吹き上がった風が落ちて、真ん中でスタート。2回タックし左海面に伸ばしたら、再び吹き上がりながら大きく右振れ。
僚艇のAdonisと二艇でずっと左に伸ばしてしまい、1上マークをビリに近いところで回る。そのあと腐らずにレースを続けていたら、アドニスと接戦のまま多少追い上げ、
着順9位、修正10位。


2日目
第3レース
二日目は朝が早い。
この時期の朝方はまだ寒く、弱い北風が吹いていた。
ラインの真ん中でスタート。そのまま左に伸ばしながら、タック、上マークのレイラインをポートタックでアプローチ。
ここでスターボードでアプローチしてきたULALAとミート。
若干無理に入っていったら抗議旗を出された。これが後に審問の結果、DSQとなる。
そのままレースを続けて2回目の上マークをまわったら風がなくなり、そよそよの南風が入ってきてよれよれのフィニッシュ。

第4レース
第3レース終了後、前日並みの風に吹き上がってきた。
ピンエンドよりで良いスタートだったものの2回ともゼネリコ。
3回目は真ん中で普通にスタート。
大きな風のシフトもなく、無難なレースを展開し着順4位、修正3位。


第5レース
スタートして、左に伸ばす。早めにタックしたあと、風が左に振れ我々より左に伸ばした艇はオーバーセール気味のため、アビームで上マークアプローチ。我々がタックをしてかなり良い順位でスターボードアプローチしているところにポートでエキゾチークとミート。接触しそうになったので我々がよけたところ上マークレイラインで上を向いて止まってしまった。
その後多くの艇の邪魔をしてしまい、なんとか上マークを回ったら、かなり後ろの順位だった。気を取り直して、強風の中レースをし、多少挽回。
5レグ目のフィニッシュ間際に、スターボードでフィニッシュラインにアプローチしていたところ、ポートでプロントに追突され、デッキにクラックが入ってしまった。なんとかフィニッシュした後、第3、第5レースのケースの審問で加原氏がマークボートに乗り移ってシーボニアへ。我々は葉山マリーナへと帰航した。
加原氏が戻ってきたのは午後11時すぎ、審問が9件あったらしく最後の審問がおわったのは日付が変わって0時半だったようだ。着順6位、修正7位

3日目
第6レース
弱めの南風で雨模様。CAVOKハ本部船よりでグッドスタート。
そのまま城ヶ島南西沖ブイまでスターボードタックでアプローチ。
沖の方が残って、岸よりの艇が遅れる。いい順位で南西沖ブイをタックで回ってそのままジブセールのままセーリング。
亀城を越えたぐらいで風が完全になくなり、漂いはじめた。
最初は岸よりが風が残っていたものの、その後沖から風が入りはじめ、2回スピンをあげさげし、途中で降り、最後はジェネカーをあげてフィニッシュ。
最後はジェネカーをあげてフィニッシュ。
着順3位、修正2位。全レースが成立したので1レースがカットとなりBクラス4位入賞とななった。

シリーズを通じて、タクティクスの当たりはずれはあったものの、安定してよいセーリングはできたと思う。しかし、レガッタレースでケースがおき、審問の場に立つというのはCAVOKチームとしてははじめてのことだった。
今後は他艇との状況をチームのみんなが把握してコミュニケーションをとりながら、もう一段上のレースを行って行ければと思う。
レポート:北島輝一