第3回マクダイアミットセールカップ

最終更新日2014/09/08
この夏、何かと話題になった日本一規制が厳しい逗子海岸海の家の取り壊しが始まり逗子湾を中心に行われているHMYCシリーズ戦も16戦を消化、終盤に差し掛かった。
本日は第3回マクダイアミットセールレガッタ。
艇長会議の際、スポンサー大澤さんから豪華賞品が披露され「やる気スイッチ」ON!

今回は、バウマンの栗ちゃんとメイントリマーの恵利坊が休みの為、前日マッチレースで葉山入りしていた関西の岡田さんが助っ人に加わり、雨の強風寒いコンディションの中、熱い戦いが始まった。

ヘルム  白岩
バウ    岡田
ピット    村上
トリマー 石井、一井
メイン   徳本
マスト   木村
フローター八木

第一レース
風はNNEで15ノット〜20ノット、ガストで23ノット。北風のため海面は比較的穏やか・・
スタート海面は水深が70m位あり、本部船のアンカーが効かないのか?なかなかスタートラインが定まらない。
ここで忘れ物発覚!No3を積んでないと。もう取りに帰る時間がない(^^;)
はい、どんだけ風が上がってもミディアムでヒールを起こしましょう(汗)

スタート延期後、なんとかスタートラインができたが、本部船が流されていることがわかりアウター側に多くのの船が集まった。ジャストスタートを切れトップ集団!と思いきやゼネリコ・・残念

さらに再スタートを待ち、オールフェアーで次のスタートを切る。ライン中央からジャストスタート。
左海面にブローが見えたため、スタボーを伸ばしながら、途中ブローのエッジで2度タック。上位でマーク回航。すぐさまスピンアップ!と思いきや、トラブル発生・・スピンハリヤードを飛ばしてしまう。
直ぐに違うハリヤードに変え、スピンを揚げるも今度はガイシートが何故か外れ提灯に・・最悪〜
もたもたしている間に数艇抜かれるも、リカバリーが早くダメージは最小限度。
最終レグではコース取りが良く先行艇に追いつき着順8位修正6位

第二レース
予報では昼頃雨が止み、風も東に回り落ちるはずが、全くハズれ雨は強くなり風も落ちず寒い・・
スタートは少々上有利であったが、リスクを避けライン中央あたりから今回もジャストスタート。
1レース目とほぼ同じ戦略。これくらい吹くとクロスの走りは良く、上マークへのアプローチでは1レース目よりも若干順位を落としたが、今日はフリーが速くダウンレグでかなり挽回する。
3レグ下回航し、最終上りの際にジブがボン!と鈍い音がしハリヤードが落ちる・・またまたトラブル発生。
ジェノアの付け根のタイラスカがぶっ飛びました。この修復に数分間手間取り失速。セールタイで結ぶという応急処置だったのでジブをいっぱいまで上げきれず、サギングしてまともにクロスを走れない状態だったが、コース取りがよく結果的に大きく遅れることなく最終上マークを回り、本日好調のダウンレグ。かなり先行艇に追いついたが抜くまでには至らず着順8位、修正5位。
2レーストータルで22艇中7位。折角吹いたレースだったのに上位に食い込めず残念。

ここ数戦、ミスやトラブルもなく順調だったが、今回はそのツケが一気に出たような内容でした。

今回のレースを反省し残り5戦トラブルがないよう頑張りましょう!

Report K.Shiraiwa