第4回マクダイアミッドセイルカップ

最終更新日2015/06/18
ZOOM

風速7-8ノット、ブローで15ノット、風向は南から南東へ触れたものの、まずまずのレースコンディションだが、本日のクルーメンバーは下記の8名で、中島・石井というメイン・ヘッド両セールのトリムキーパーソンが不在で少々不安な人事!

ヘルム 白岩
バウ  栗原
ピット 村上
メイン 北島
トリマー小郷、一井
マスト 木村      
フローター八木

第1レースはスタート前に風向が南から南東に振れ、極端な下有利のスタートラインとなったが、潮の影響もありCavokは大きく出遅れてスタート。
タイミングを見て、タックしポートロングで上マークを目指したが、メインとヘッドセールのバランスが悪いのか、艇速・上り角度共に悪く、走らない。
同型のライバル艇にみるみる離され、後ろ集団で上マーク回航。
下りのレグも何とかスピンを上げれる程度のスターボード一本、次の上りレグではクロスの走りは多少改善されたものの、ポート一本コースでタクティシャン小郷の能力も生かせず、順位の変動はなくそのままフィニッシュし、着順13位修正12位。
第2レースはマークを打ち変えた後にスタート。風速が上がって来たため、ヘッドセールをミディアムライトからミディアムヘビーに変えて、ラインの真中からまずまずのスタート。
但し、ここからのコース取りが悪く、無駄なタックやタック後の減速も大きく、順位は上がらない。最終上マーク回航では、ボケ始めたピット(ジイジこと村上)のスピンシート整理が悪くキンク発生し、スピンダウン半ばで提灯状態、失速!
結局、着順9位修正9位で、総合では12位。

反省多いレースでしたが、次回はクルーみんなで修正し、がんばりましょう!

By K. Murakami