ミッドウィンターレガッタ

最終更新日2016/02/23
前日からの荒天対策のためスタート時間を1時間遅らせての開催となった。
前線通過により170度、風15~20ノット、1.1.マイルでコースが設定された。

本日のポジションは
ヘルム 白岩
ピット  村上
メイン  加原
トリマー 石井、岡田
マスト  木村
バウ   北島
フローター一井
タクティシャン小田原

第一レーススタート後、風が北に振れポートロングの競馬レースとなった。
スタートポジションは下よりでまずまずの位置、上マークは上位で回航。
下マークに向けるとスピンが揚げれるかかぎりぎりの角度・・
しばし様子をみていると、揚げた2艇がブローチング。
結局迷っている間に下マークが近づきスピンを張った船に抜かれる。回航後次の上りも1本コースとなり回航の順で上マークアプローチ。次の下りは早目にスピンアップで挽回を目指すも着順10位、修正8位といけてない結果でした。
2レース目は北に振れ戻し、スタートラインが設定されたが2回ゼネリコで時間オーバーとなりノーレース。いいスタートだったので少し残念・・
本日の学びはスピンアップの判断時期とマークラウンディング時の意思伝達・・
NIPPON CUPまでもう1戦、次回頑張りましょう!