Audi NIPPON CUP 2016

最終更新日2016/03/23
ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM
ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM
ZOOM ZOOM



前日の予報ではレース1日目の午前中に前線通過のため南西が30ノット、波高3メートル・・
レース委員会の素晴らしい判断により早い時点で、スタート予告信号を午後に遅らせるとのアナウンス。そして当日の朝、豪雨さらに視界不良。本当に午後レースができるのか・・
と誰もが準備しながらそう感じていたと思うが、予想に反して風は吹きあがらず南西10ノット前後でたいした事はない。待っている間に小雨になったため11時にドックアウト。風はそこそこだが、南西のうねりが残りゆうに3mはあろうかという大波・・そんな中で海上運営本部の速やかなコース設定によりコースが作られ第1レーススタート!結局風は南西から北へ回り、8ノット前後の軽風。我々には不利な風域だが、定期的に下りてくるパフと風のシフトを読みながら第1上マークをトップ回航。終始リードを保ち、2位に2分の差をつけて1位。幸先の良いスタートとなった。
が、スタートが遅くなったので初日はここでタイムアウト。ハーバーバックしながら、本日呼吸が合わなかったジャイブセットの手順を再確認。これが2日目に活きることになる。
2日目、朝一番は北が10ノット、我々の得意の風域で第2レーススタート!ライン真ん中より下手でジャストスタート。左海面を狙って上位で上マークに向かうも、予報通りどんどん風が落ちていき、とうとうスピードメーターは0を示し漂い始めたところでレース中止。残念。ここでちょっとしたアクシデント発生。我々を撮影しながら旋回していたドローンが他の艇のメインセールに接触し墜落沈没・・そのシーンがCAVOKのオンボードGoProにしっかり残ってました(^^;)
さて、スタートラインに戻り再スタートを待つ。11時25分上マーク70度でスタート。しかし、風が弱い・・途中何度か同型艇に先行されるもフリーで抜き返し、2位に40秒差で1位。この時点で12時41分。2日目は13時55分を過ぎてのスタートはないと帆走指示書に書かれていたため第3レースのためのコース設定が間に合わなければ優勝決定となるが、そこはそんなに簡単に勝たせてもらえません(笑)速やかにマーク変更が行われ、結局南に振れて13時32分、ぎりぎりでスタート。風は弱く8ノット・・右仮面を中心に攻めるが流石に風が弱く、軽いフェローズ、エキゾティークに先行され追いかける展開。上りで離され、フリーで詰めるというパターン。こうなるとレーティングが効いてくるのでスクラッチシートをにらみながらタイム差を計算。着順4位でも先行するエキゾティークの1分19秒以内にゴールすればレーティング修正で3位で3レーストータルで優勝のハズ・・そしてゴールの瞬間。

ホーンが鳴らない・・・

何、まさかのリコール!?という声が船上で聞こえる。いや出てないハズだ、ホーンが聞こえなかっただけじゃないか・・、オールフェアーじゃなかったっけ・・


船上がいきなりブルーになる。ハーバーバックし陸上本部で確認するもわからず、本部船戻ってきて聞いてみるとホーンは鳴らした・・という事で計算通り、同点ではあったが1位の数が多い我々が優勝という事になりました。

強風予報から一転、大きなうねり、軽風~振れ回る微風と難しいコンディションでしたが見事な運営のおかげで3レース消化でき、また我々が不得意な風にもかかわらずチームワークが上手くいき3レースとも上位で優勝する事ができました。これで、ニッポンカップ3連勝と相性の良いレガッタとなりました。スポンサー各社の皆様、運営スタッフ、ボランティアスタッフの皆様に心よりお礼申し上げます。秋はどうなるか・・楽しみです




最終成績