中古艇・中古ボートのボートワールドは中古艇情報をリアルタイムに掲載!

  • facebook
  • login
  • login
トップページ > ジャパンインターナショナルボートショー2017リポート(横浜ベイサイドマリーナ)

ジャパンインターナショナルボートショー2017リポート(横浜ベイサイドマリーナ)

ボートショー2017

ジャパンインターナショナルボートショー2017リポート第2弾、横浜ベイサイドマリーナ会場で見つけた注目艇をご紹介します。

※画像をクリックすると拡大画像が開きます。

JEANNEAU SUN ODYSSEY 439

フランスの大手ボートビルダー・ジャノー社の「JEANNEAU SUN ODYSSEY 439」は2013年春に発表された44フィートヨットです。 革新的なセールシステムを採用し、操舵系統をすべてコックピットに集約しています。そのため、このサイズながらシングルハンドもしくは少人数でのセーリングが可能になっています。 ウッドを多用しホワイトを基調としたカラーリングで、フランス艇らしい洗練された雰囲気の艇内は広々としたメインサロン、フォアバースと2つのアフトバースの分かれています。 デイクルーズはもちろんオーバーナイトでの楽しみも広がる一艇です。

BENETEAU SENSE 50

ベネトウ社は日本ではヨットブランドのイメージが強いですが、ヨットだけでなくクルーザーから漁船まで作っている総合的なボートビルダーです。 今回のボートショーでは「BENETEAU SENSE 50」が展示されました。「SENSE 50」は2010年秋にデビュー。当時「DOCK & GO」というシステムがヨーロッパで高く評価されたモデルです。 「DOCK & GO」とは360度自由にヨットをコントロールできる操舵装置で離着岸時に威力を発揮します。50フィートを自在に操れます。広々としたインテリアはベネトウらしい落ち着いた仕上げです。 手軽に豪華な50フィート艇でセーリングが楽しめるでしょう。なお現行では「SENSE 51」がラインナップされているそうです。

BENETEAU SWIFT TRAWLER50

フランスの大手マリンプロダクツ・ベネトウ社のスウィフトトローラーは、トラディショナルなトローラースタイルながら、最高速で20ノット近くまで出すファストトローラーというジャンルのモーターボートです。 従来のトローラーは、居住空間の広さが魅力でしたが、スピード性能に劣るため忙しい現代人にはなかなか手の出しにくいジャンルでした。それを払拭したのがスウィフトトローラーの提案するファストトローラーです。 今回展示された「BENETEAU SWIFT TRAWLER50」は隣に並んだ80フィート艇にも匹敵する全高を誇り、その内部のボリューム感は50フィート艇を遥かに凌駕するものでした。 スピード性能と居住性能をうまくバランスさせた現代的なトローラーです。

GALEON 365HTS

ポーランドのニューカマー「GALEON 365HTS」は昨夏(2016年)に日本に初上陸を果たしたモデルです。 実はポーランドは造船大国。安価な人件費と正確な技術力でヨーロッパの工場となっています。「GALEON 365HTS」はハニカム構造を採用した軽量・高剛性ハル(艇体)を特徴に、36フィートクラストは思えない軽快な走りを実現しています。 また個々のパーツのほとんどを自社工場で製造しているため、人件費と相まって、他とは比べ物にならないコストパフォーマンスを実現しています。 ヨーロッパでも高く評価され各種アワードを獲得してきたのもうなずける話です。今後も要注目の国・ポーランド、そして要注目のブランド・ガレオンです。

SUN SEEKER MANHATTAN 65

映画007シリーズに登場する自動車と言えば「アストンマーチン」がお馴染ですが、007に登場するモーターボートと言えばほとんどが「サンシーカー」です。 サンシーカーはまさにイギリスを代表するモーターボートブランドと言えるでしょう。従来はスポーツボートを得意とするビルダーでしたが、近年は50フィート以上の大型艇を中心にラインナップを展開しています。 「SUN SEEKER MANHATTAN 65」は流麗なフォルムに包まれたサンシーカーを代表するサロンクルーザーです。トラディショナルなスタイルの多い英国艇の中では異彩を放つスポーティーな風貌が特徴です。 サイズを意識させない素晴らしいマニューバーと高い居住性を合わせ持っています。