横浜クルージング研修
ZOOM ZOOM
ZOOM ZOOM
ZOOM ZOOM
ZOOM ZOOM
ZOOM
先日行われたスタッフ研修の横浜クルージングに参加させていただきました。

朝一番、本日の航路の確認と注意すべきポイントなど軽くブリーフィング、本日の使用艇EX-33に乗り込み新砂水門から荒川を抜けて東京湾へ。薄曇りの空模様でしたが、ほとんど風がなかったため海上はとても穏やかでした。

埋め立て工事のための作業船が行きかう中を進み、羽田空港D滑走路を横目に往路は京浜運河を通過し、まずは横浜港に到着。横浜の街並みを海から眺めた後はベイブリッジを潜り抜けて本牧ふ頭の沖を進み、根岸湾に入ります。ここでまた海側から横浜市民ヨットハーバー 横浜ベイサイドマリーナと見学させていただきました。

船はそのまま沿岸を進み、八景島の入り江に入ってお昼休憩をとったら今回の研修のメインイベント『アンカリング』の実践です。一人で行うアンカリングの手順を確認し順番に練習、初めて挑戦したメンバーもみんな成功、ばっちりマスターしました。

八景島を後にし、少し沖に出たところで先程の応用編『パラシュートアンカー』にも挑戦、さっきまでの入り江と違って波のある場所だったのでスピードと丁寧さが求められる作業はなかなか大変そうでした。

ここで本日のクルージングは折り返しとなり、往路より少し沖の開けた海上を船は快調に疾走していきます。途中、風の塔で進路を変えると、次の目標は『海ほたる』、アクアラインに沿って進んだ先で“海から見た海ほたる(外側)”も無事写真におさめる事に成功しました。

その後、船は北に進路をとり、一路陸を目指します。なるほど、『海ほたる』から北に進むと、ちょうどランドやシーに行き着くんですね、勉強になりました。

こうして『横浜クルージング&アンカリング研修』は無事に終了、帰港後みんなで今日一日お世話になった船を洗って解散となりました。

こういった研修は初参加でしたが、いつもと違った体験の連続で、とても刺激的な楽しい時間でした。