スタッフ釣行 ~浅場のタイラバ五目釣り~
ZOOM ZOOM
ZOOM ZOOM
ZOOM ZOOM
ZOOM ZOOM
ZOOM ZOOM
ZOOM ZOOM
ZOOM ZOOM
ZOOM ZOOM
ZOOM ZOOM
ZOOM
雨続きであった7月とは違い、暑かった8月を乗り切って、いよいよ釣りに良いシーズンとなってまいりました。

今年は外洋と同様に東京湾内でも海水温が高く、湾奥のような浅場では約30℃を超えるエリアも多く、川ですら水温が高い状況です…


湾奥では台風などで水温が冷やされない限りは魚も夏バテで釣りづらい状況ですが、水深のあるエリアでは釣りの本格シーズンインといった具合に各所でいろいろな魚種が釣れております。


9月に入り、マリーナスタッフでの釣りも再開ということで、早速早いタイミングで釣りを企画!

夏らしくシイラやタチウオ、マゴチあたりをやろうかとも思いましたが、自分の中では通年の経験が浅い東京湾のタイラバをもう少し学ぶべく、晩夏~初秋にかけてのポイント調査に行ってきました。


事前情報より浅くて水深10m台、深くて40m台のポイントに絞り、海底地形図にて千葉側と神奈川側でのおおよそのポイントをピックアップ。当日の北東風を考慮して千葉側の第二海堡南のエリアを重点的に狙ってみました。


道中秋の鳥山シーズンを見据えるべく、鳥山の気配を探しながら南下していきましたが、まとまった箇所はなく、結局鳥山を発見できたのは第二海堡付近でした。

ここではかなりの餌となる小魚の群れが溜まっているようで、各所に鳥山の様相。それでも大きな水柱がたっている様子はなく、イナダやサバのナブラのようです。

マダイもこの時期は浅場に入ってきては積極的に餌を探して、小魚なども捕食しています。今回はそうした小魚の反応付近を船を流しながら広範囲に探ってみます。

第二海堡から大貫沖にかけてのエリアは海図に名前が載るような根の表記はありませんが、浦賀水道の深みから一気に10m台までかけ上がる地形が捕食場として良いようです。

個人的には目安となるものが少ない地形を狙っていくのは不安にかられ苦手な釣りをではありますが、様々な情報を信じて、水深15mから20mにかけてのエリアをまずは一流し。

今回はタイラバということでタイラバのヘッドやネクタイは各食を一通りそろえ、スタッフのなかでもうまく色を分散させながら、反応の良いものを探っていきます。

当日は風と潮が程よい具合に噛み合って、はじめは船が1ノット程度に流れる状態でした。水深が浅いこともあり、底が取れるギリギリの重さかつ、常に真下ではなく、適度に仕掛けが払い出していく重さにしたかった為、スタッフ内でもヘッドは45gと60gに分かれて使用しました。


魚探反応へあくまでも目安としながら、基本動作の底からの巻き上げ下げを繰り返していると、スタッフの一人に早々にヒット!うまくリールのドラグを効かせながらやり取りを行い、あがってきたのは良型のスズキ♪

タイラバに掛かってくるのは珍しいですが、やはり躊躇なく喰いに来ているのは豊富な餌に夢中になっているからだと思います。

このエリアのスズキであれば美味しそうだということで、しっかり血抜きのうえでキープ♪


その後連続して掛かるようなことはありませんが、続けているマダイの群れが入ったようで、全員にマダイらしきヒット!

皆で慎重にやり取りを続け、みんなでタイ持ちの写真が撮れるか!と思いましたが、バレずにあがってきたのは一枚だけとなりました…kg超えとはいかないサイズですが、食べ頃サイズの本命にまずはひと安心。


その後も底付近を中心に狙いながらも、小魚の反応は中層や表層まで出ておりましたので、集中しながらひたすら巻き巻き…

マゴチやイネゴチも追加をしながら、潮止まりで一度、水深40m~50mにかけての斜面に移動。

こちらでは付近に鳥山もあれば、水中では上から下まで何かしらの反応が出ている状態。イナダやサバかなと思い、一部のスタッフでタイラバサビキに付け替えてみると、入れ食いモードに!40cm程のサバをはじめ、30cm超えのアジが連発の中、ライトジギングでもルアーが落ちていかない程の魚影となりました。

イナダも追加しながら、本命を釣るべく適度にお土産が釣れたところで再び移動。途中でサワラの跳ねも何度か見ることができましたが、こちらは射程圏内には捉えきれず成果無し…

最後のポイントでは上げ潮が効いてきて、タイラバも60g~80gでないと底が取れなくなる様子に最後のチャンスか!と思われましたが、追加とならずに納竿時間。

本命の数が奮わず悔しい結果となりましたが、次こそは!というところではすぐにでも行きたくなるターゲットの一つですね♪

タイラバの多魚種が狙えるゲーム性とコマセ等の準備が要らない準備の楽さはこれから釣りをしてみたいという方にもオススメです。投げる必要もなく真下に落とすだけという点ではお子様でも楽しめるのではないでしょうか。

まだしばらく楽しめるの釣りですので、皆さまもぜひ挑戦してみてください。


マリーナに戻ってきてからは調理タイムですが、今回は各々で魚を持ち帰り自宅調理となりましたので、マリーナではアジの塩焼きのみ調理しました。

既にこの時期でも脂が乗っており、身はふわふわ♪もう少し寒い時期であれば干物に最高なサイズですが、塩焼きもまたお酒が飲みたくなる美味しさでした。



これから水温が下がってくると、湾奥にも一気に魚が入ってくる時期です。早い年ですと9月上旬に青物が入ってきた時もありましたが、今年はまだまだ水温が高いので、9月下旬以降になる可能性が高そうです。


来月はサワラゲームを楽しみたいところではありますが、どの魚もこれからは釣りやすくなってきますので、楽しみが尽きません!


皆さまの良い釣果報告をお待ちしております^^