スタッフ釣行 ~初夏の湾奥マダコ釣り~
ZOOM ZOOM
ZOOM ZOOM
ZOOM ZOOM
ZOOM ZOOM
ZOOM ZOOM
ZOOM ZOOM
ZOOM ZOOM
外出自粛等でマリーナスタッフによる釣りも自粛を行っておりましたが、ある程度の制限が緩和された頃合いを見計らって、例年この時期賑わう東京湾のマダコ釣りに行ってきました。

昨年はこんな所でもか!と思うほどに各所でマダコが湧いていた年でしたが、今年は昨年並みとまではいかないようですが、今年も好調に釣れていいる様子です。


マリーナ近郊の湾奥エリアでも十分に釣れるターゲットで場所選びによって釣果に差は出ますが、溜まっている箇所に当てることができれば、シンプルな釣り方で数釣りも狙えます。

今回はタコテンヤにプラスチックのカニ擬似餌とタコ用のエギを使った2通りの仕掛けで狙ってみました。



この時期は大型でも2~3kg、メインは1kg前後のサイズとなりますので、最近では竿釣りにタコエギを使った釣り方も人気ではありますが、マリーナスタッフは昔ながらの木枠にシブ糸の手釣りスタイルで挑戦′!

糸の扱いに少しコツがいりますが、慣れるとタコの乗りと障害物との違いがダイレクトに伝わってくるので、ぜひ竿釣りスタイルの方にも挑戦していただきたい釣り方です。



釣り場選びは遊漁船等の釣果情報を参考にするのも大事ではありますが、東京・千葉・神奈川どのエリアも釣れております。

むしろタコ釣りが盛んなシーズンに既に入っておりますので、あまり他船が入っていない過去の実績エリアでタコが着きそうな場所をいくつか探ってみた方が思いがけない釣果に恵まれるかもしれません。

場所選びの目安は堤防際の敷き石帯やテトラ際のテトラと砂泥の境目エリア、その他沖の根周り等がベースとなります。

過去の実績ポイントをメインに、港湾エリアの航空写真を拡大するとタコの着きそうな場所が結構見つかると思いますので、そうした場所をメインの釣り場に交えて釣り回ってみながら1杯目のタコを狙ってみてください。




当日は湾奥の東京エリアの敷き石帯をメインに狙いました。前日まで雨が降っていたので、真水が多く流れ込んだ水色であればすぐに川崎エリアへ移動かなと思っておりましたが、栄養豊富な茶色の良い濁り具合♪目をつけていた場所の水深7m前後を狙ってみました。

スタッフ内でもテンヤとタコエギ2通りに別れ、仕掛け落としてけらは糸を踊らせるように小刻みに誘うと早々にムニュっとしたタコ特有のアタリ!タコは腕で触って判断してから体全体で覆い被さるので、早アワセすると腕だけに掛かった状態となります。

仕掛けをシェイクしながら、心の中で2~3秒おいた後にアワセを入れていくと中央部に針が入りますので、少しはバラシ低減に繋げることができますね!

しっかりと大アワセで針掛けと海底からの引き剥がしを行います。半信半疑のままタコに違和感を与えてしまうと、タコが仕掛けから離れたり海底への貼り付き状態で釣果が伸びません…

少しでも手元に怪しい違和感を感じたら、誘いも兼ねて思いきったアワセを入れてみるのも大事なポイントです。


アワセてから重みが乗ったまま上がってくる時にはもう笑顔♪引きはありませんが、仕掛けと一緒に赤い姿が現れると宝物のサルベージに成功したトレジャーハンター気分の様♪

ここで忘れてならないのは、針にカエシが無い仕掛けですので取り込み時は網を使うことです。油断していると結構な確率で水面バラシとなります…


釣れたタコは昨年の今時期よりも大きい型で約800g~1kgといったところ。この時期でこのサイズであれば十分なサイズです。かなり小さなタコも釣れてくる時期ですが、資源保護の為に300gを目安としてそれより小さなタコはぜひ逃がしてあげてください。

その後もテンヤとタコエギどちらも遜色ない様子でどんどん釣れる状態に!

潮止まりからあまり水が動いていない時間でしたが、よほどの高活性なのかダブルヒットこそありませんでしたが、誰かしらは釣れるような状況でした♪

船を岸と平行に何度も流し返し、時には落とした瞬間アタルようなタイミングも!落ちてくるものもよく見てるようです。

少し濁りがある分、白色のカニワームやタコエギに特に反応が良かった気はしましたが、その後もしばらく釣れ続け、予定より早上がりでの帰港となりました。



マリーナに戻ってからの調理はヌメリ取りの下ごしらえに時間を取られてしまい、塩よりも米ぬかで一気に揉んだ方が良かったかもしれないと後悔…

いろいろな料理に挑戦したかったのですが結局事務所で食べる分は茹でダコのタコ刺しです。でもシンプルなお刺身が一番美味しいかもしれませんね!

噛めば噛むほどに旨味が出てきて、いくらでも食べれてしまいそう…♪胴体の袋部などは足と合わせて唐揚げにするとこれまた美味なので、次回はぜひ挑戦してみようと思います。


例年通りであれば湾奥のマダコはしばらく釣れ続けます。仕掛けもシンプルで釣り方も海底を小突くだけですので、魚影を探す等の作業も必要ありません。

しかしながら、壁際やテトラ帯の側、浅瀬などに隣接した場所を狙うことが多くなりますので初めて狙われるかたは事前に釣り場の水深や危険箇所等の把握をお願い致します。


釣って・食べて美味しいマダコ釣り、ぜひ挑戦してみてください^^







※東京湾内においても漁業権の対象エリアではタコが権利対象となっていたり、遊漁船以外は対象とならずともその釣り場の当該地区では資源保護の為に釣りができる期間を定めている場合があります。タコ釣りの禁止エリアやローカルルール等がよくわからない方は各都道府県の水産課や各県の漁業調整規則等を事前にご確認ください。