スタッフ釣行~カワハギ釣りのはずがサワラ釣りに~
ZOOM ZOOM
ZOOM ZOOM
ZOOM ZOOM
ZOOM ZOOM
ZOOM ZOOM
ZOOM ZOOM

湾奥青物シーズンを迎え、連日釣り竿を持ってご出港されるこの頃ですが、青物だけではなく他の釣りものも冬の到来前の食いで良い釣果が出ております。

特にタチウオは湾奥各地でもビッグサイズの釣果が出る程に今年は好調の年を迎えております。

その他、季節ものでいえばカワハギもいよいよ肝入りのシーズンインを迎え、毎年楽しみにしているスタッフもいるほどです。


そんなカワハギ釣りの数釣りを夢見て先日スタッフ釣行に行ってきました。

剣崎・城ヶ島沖や竹岡沖が賑わいを見せておりますが、当日は同フィールド内に砂地と岩礁がどちらも狙える浦賀・久里浜を選択

当初の予報では天気良し、波良しの凪予報であとは釣るだけという予定でしたが、出港時から北風が強く怪しい気配・・ポイント到着後もやはり波風は落ちず、パラシュートアンカーを入れて船を落ち着かせないと釣りにならない状況となってしまいました。

今年は湾口エリアにおいても11月前半段階でまだ18度前後と気温に比べても海水が温かく感じる状態で、当日も20mまでの水深のポイント中心に狙っていきました。

ポイント選択も15m前後の根周りからスタートして流し釣りで本命のアタリが出るエリアを捜索していきます。岩礁のキワの砂地狙いで船を流すと思いのほか外道が少ないながらも、時折本命らしきアタリが出る状態。

しばらくしてようやくカワハギ特有のカンカンッという金属的な引きを味わい、船際まで姿を見るも取り込み失敗でバラし・・

狙いは間違っていないことを確信し、その後も同様のエリアを流しますが、風と潮の向きが相反する逆潮状態と、船の揺れがあると最後まで集中しきれない時間が続きました・・

途中で大きくポイントを変えるも1匹をやっと確保するも風は弱まる様子が見えず、湾奥に戻ってサワラ狙いに切り替えることに・・


湾奥へ戻るとこちらは穏やかで釣り日和な陽気

時間も限られておりましたので、浦安沖に絞ってルアーのキャスティングゲーム

今年は鳥山の規模も小さく、サワラやイナダの水柱を立てるようなナブラも少ない為、狙いどころが難しいですが、実績のあるエリアと魚探に映し出されるイワシと思わしきベイトボールの反応に都度寄せるように狙っていくと、ヘビーシンキングミノーの早巻きにようやくヒット!

シーバスもよくかかる場所だけに、ヒット瞬間の魚種判断は難しいですが、ドラグから糸を引っ張り出す瞬発力からサワラを確信

船下に来てからのダッシュを数回こなしてようやくのキャッチとなりました。

計測すると105㎝・5.5㎏の体高のある良型サワラに、喜びと安堵の瞬間となりました♪


その後も同様にベイトボールに船を当てていくとイナダやタチウオも混じり、秋のルアーゲームの面々といった感じに!

タイミングが良かったのか、同様のパターンでその後3本のサワラを追加する事ができ、今シーズンの中では上出来の内容となりました。



今期のサワラは例年に比べ湾奥まで入ってくる量が少ないように感じますが、サゴシサイズが混じらずっ釣れればサワラサイズといった様相です。

また、鳥山はシーバスに着く鳥山も多く、シーバスばかりが釣れることも多々ありますが、同エリアでも少し離れた鳥たちの水面を狙う動きに注視してみたり、鳥がいなくとも水面を水柱を立てながら割るハミを狙うと確率は上がるように感じます。

湾央エリアの釣果も出ており、どこで狙うか迷う状況ではありますが、まだまだ湾奥エリアも群れが抜ける気配はありませんので、11月いっぱいは確実に狙う事ができると思います。

11月中旬現在では三枚州沖でコハダサイズのコノシロやサッパを追いかけ回すサワラの跳ねも確認しておりますので、小イワシを偏食していた時期に比べればルアーに食わせやすくなるかもしれません。

湾奥サワラシーズンも後半戦に入っておりますが、サワラ以外にもタチウオやマダイ、カワハギもこれから12月いっぱいにかけて、まだまだ狙えるシーズンですので、ぜひ狙ってみてください。


帰港後は暗くなってしまったので、料理はせず捌きのみでしたが、帰ってからサワラとシーバスはムニエルに、タチウオは天ぷらにして味わいました。

サワラは想定通り旨味が濃く、何にしても美味しくいただけます♪皮が美味しい魚ですので、パリッとした皮を生かせる料理がおすすめです。余った際はサワラ茶漬けなども良いですね。

シーバスもこの時期の沖にいる銀ピカシーバスは脂ものっており、血抜き等をしておけば臭みもなく、美味しくいただけます。普段食べることが無い方でもぜひこの機に食してみてください。



皆さまの良い釣果報告をお待ちしております^^