水面下では常に電蝕の危機にさらされている

最終更新日2014/04/11
ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM
アッという間に桜も終わってしまいましたね。。。


いよいよシーズン間近ということで、最近は愛艇の船底清掃をやっておこうと上架される数も増えてきました(^∀^)


船底が汚れていたら走らないですもんね。。。


そこで皆さんは新しい船底塗料や道具等を用意するのですが、意外と見落としなのが金属部分の電蝕を防止する『ジンク(亜鉛)』の用意です。


金属のイオン化傾向とかムズカシイ話は後にして…


プロペラやシャフト、ブラケットが毎日少しずつ海水に解けてしまっているとしたら…


船底やった意味がないですよね(>_<)


消耗品なので毎回交換するつもりがいいのかもしれません


ジンクは見た目に3分の2以上形が残っていればOKだそうです(^^)


take