スタッフ釣行 ~湾奥・湾央釣りもの調査~

最終更新日2018/09/29
ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM
ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM
ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM
ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM
ZOOM


 
 
長袖の出番も増えてきて、秋の気配がぐっと深まってきた近頃ですが、連日の雨で湾奥の水温も下がり、いよいよ秋の釣りシーズンとなってきました。

羽田沖を始め湾奥エリアでは連日サワラの跳ねも確認でき、イワシやサッパといったエサとなる小魚も大量に入ってきております。また、羽田周辺でもアジやサバが釣れており、湾奥から出船される方にとっては近場で様々な釣りが成立する絶好の時期です!

今回は湾奥から湾央エリアにかけての釣りモノをお伝えするべく、ルアーやジグサビキをメインとした釣りに行って参りました。



まずは当マリーナからも近い羽田沖、ストラクチャーや魚の回遊どころとなる角地周辺のやや深みとなる水深20m前後をメインに浅場では15mほどのエリアを魚探にてチェックしてみると、定番となるストラクチャーの潮上や角地周辺のカケアガリポイントは好反応!

当日は潮は緩く、魚が浮いているような反応で中層にはイワシと思われる反応、底層より少し上には固まっているアジやサバと思わしき魚影を確認

今回はコマセを用意してはおりませんでしたので、群れを直撃させるようにジグサビキを投入。通常のジギングのように誘いをかければ、魚探反応の答えが返ってくるように釣れたのはアジ♪

メタルジグにアタックしてくるような尺オーバーのアジの実績もある場所ではありますが、今回はサビキ部分に掛かるような15㎝程度の小アジサイズ、その後も反応は各所で出てはいるものの、サイズが良くなる気配が無かった為に見切りをつけて移動


青物の気配を探しながら移動をするも、前日の大雨によって河川から淡水が流れ込んだ為か、湾奥エリアでは鳥やナブラといった反応が無いままに次のポイントは横浜周辺

潮が緩いながらも比較的潮通しの良さそうな角地周辺にて魚探をかけるとカケアガリにて好反応。水深20m前後にて数か所チェックをしてみると、いたる所で底層に良い気配があります。こちらもジグサビキとコマセ無しでのサビキにて釣りを始めれば、アジやサバの群れのようで時折カサゴがルアーにアタックしてくる具合

コマセがあればしばらく釣れ続けるような数釣りモードかとは思いましたが、大型のサバが出るような感じでもなかったので、こちらも見切りをつけて移動


最後は猿島から観音崎にかけては青物のナブラを期待していた箇所ではありましたが、当日は水面も鏡の様に変化がなく、観音崎周辺においてもトロトロと穏やかな潮流がある程度・・

浮いた小魚の気配もなく、周辺捜索から保存していたサバの切り身にてタチウオ狙い

前回までの猿島周辺がサバ船団の操業が入っており、主要ポイントは走水沖から観音崎にかけての水深60~70m前後と深めの水深ではありましたが、前回よりもはっきりと魚探に映る、比較的大きな群れがいくつかできていたようで、浦賀水道航路よりも内側のエリアにいくつかの船のグループができておりました。

風が無く、潮が緩いこともあって、観音崎周辺といえど操船に困ることもなく、他船との間隔も広々

反応が濃い泳層からやや上の層までをしっかりと誘い続け、エサが回転しないようにチェックしてから落とし込んだり、その時に応じた誘いの巻き上げスピードを意識したりと、大変に感じられるかもしれませんが、そこまでできればちゃんと答えが返ってくるのがタチウオ釣り

アタリは小さくエサをはむようなアタリではありますが、針がかりさせるまでの駆け引きがとてもゲーム性が高く、タチウオエサ釣りの魅力でもあります。

お昼過ぎまでの納竿の時間までのんびりと楽しむことができました。



マリーナまでの帰路においても水面観察をしておりましたが、青物の気配を感じることなく帰港・・

今回釣れたタチウオは竜田揚げ、様々な料理に合うタチウオではありますが、さっぱりしたいときは刺身や炙り、少し濃厚な味を求める方は揚げ物やムニエルなどがおすすめです♪

これから秋から冬にかけてのタチウオは水深が徐々に深くなりますので、電動リールがあると便利な水深となる事が多くなってきますが、脂ものって絶品のシーズンです。エサ釣り、ルアーでのジギング等、東京湾のタチウオをぜひ味わってみてください。


また、ここ数日はマリーナ内のオーナー様でもサワラの釣果が随分と上がってきました!いつまで釣れ続けるかわからない今シーズンの青物釣り、イナダの気配はだいぶ薄い現状ですが、こちらもぜひお早めに挑戦してみてください!^^