スタッフ釣行 ~近場にて秋のナイトシーバス~

最終更新日2018/09/30
ZOOM ZOOM ZOOM ZOOM
ZOOM ZOOM ZOOM
 

秋雨前線に加え、秋の台風も続々と発生してはおりますが、台風前の穏やかな平日の夜、秋の荒川を感じにナイトシーバスへ行ってきました!

例年、9月の台風が2~3個通り過ぎると、海と併せて川の水温もぐっと下がり始める東京湾奥

水温が落ち着き始めると、湾奥の各河川ではサッパやコノシロといったエサとなる小魚が大量に集まります。また、冬や産卵を控えシーバス達は各所で荒食いを見せ、一年の中でも数釣りかつ、良型のシーバスとも出会いやすい時期でもあります。


マリーナを出ての荒川もまさにハイシーズンといった具合で、今回狙う橋脚のエリア到着時で既に先行艇が数隻、それでもポイントは無数にありますので、流れ等の状況をチェックしながらポイント選定

前日の雨によって多少の白濁りが入ってはおりましたが、満潮からの下げ潮も効いており、流れが橋脚に当たっている場所と灯火の明かりの明暗部が絡むポイントでは、どの場所もシーバスが捕食音を響かせながら密集している状態

夜のシーバスはそうした流れてくるエサを待ち構えるように、表層を意識して見ておりますので、数あるルアーの中でもこの時期は表層を通せるルアーから選ばれるとよろしいかと思います。

特にこの時期は大型のルアーでも躊躇なくアタックしてくる時期、自分の体長の半分ほどもあるルアーでも釣れますので、まずは魚にルアーを見つけてもらうことが先決です。

当日もスタッフ全員12~15㎝のシーバスルアーの中では比較的大きな部類にあたるサイズを選択

加えて流れの速さや向きを考慮しながら、ルアーを引くコースを考えて船を位置づけて、やっと釣り開始

魚の気配は濃厚でしたので、上流から橋脚際へルアーを流し込んでいくと早速ヒット

群れごとにおおよそ似たようなサイズが集まっていることが多い為、当日ヒットする魚は40~50cmが中心となりましたが、キャストするごとにアタリが続く状態


少しづつルアーを通すコースを変えて釣り続けていると、同行スタッフの竿が満月状態

川の流れも加わり、より引き抵抗が強く感じる状態ではありましたが、落ち着いて対応し無事にキャッチ出来ました

丸々とした体高のある75㎝の良型シーバスに釣ったスタッフも満面の笑み♪



その後も同じようなエリアを数か所狙いましたが、釣れるもののサイズアップとはならずに納竿。2時間ほどではありましたが、十分に楽しむことができました。


今後湾奥のシーバスフィッシングは昼夜ともにまさに最盛期!

夜間航行される際は昼間以上に気をつけていただくとともに、近場にて楽しめる秋のボートフィッシング、皆さまぜひ挑戦してみてください!